ブログ

友との別れと「花祭り」

2019.04.09

友達が郷里に帰ることを決断したのは去年の秋で、

とうとう旅立ちの時を迎えてしまいました。

「花祭り」の昨日、家でランチを共にしてから

弘明寺の『護摩行』に参列し、友との別れを惜しみました。


友達は近くにいると思うだけで心強く思っていたのが

いざ、別れると思うと、言い知れぬ寂しさが襲ってきます。

中国の唐の時代は、友の旅立ちには3日、3晩酒を酌み交わし

別れを惜しんだといいます。王維の「惜別の歌」は有名です。

別れはいつも切ないものです。


2時、護摩行が始まりました。

ほら貝が高らかに、護摩行の開始を告げ、

太鼓の一打ちのドーンと鼓膜を破るかのごとき轟音が鳴り響き、

神様のお出ましを告げます。


ほら貝の音と太鼓の音が交互に地の底から沸き出てくるように

全身に響き渡ります。

御坊様が一人一人の背中を両肩、背中、そしてみぞおちを叩いて

浄化してくれます。みぞおちを叩かれた時、涙が一瞬溢れました。


終盤、護摩行の炎が激しく燃え盛る中、皆さん順番に護摩木を投げ込みます。

火の傍に進んだ時も涙と嗚咽がやってきました。

凄い浄化が行われたことに、心から感謝をささげました。


儀式が終わり、お釈迦様に甘茶をかけ、甘茶をいただきました。


友達は音楽に長けているので、ほら貝と太鼓の競演に一入感動したようでした。

友達は「これが別れではなく、区切りだから・・」と明るくいってくれて別れました。

わたしは心から友の前途を祝福しました。


弘明寺観音が良い別れの時を演出してくれました。

帰路、もう桜は散り始め、若葉の出現に備えるのでしょう!

桜はもうしばらく楽しむ余韻を残してくれています。

お問い合わせ