ブログ

国破れて山河無し!

2019.03.27

(フミコさんの好きなつわぶき)

今日はフミコさんがおいでくださいました。

フミコさんは沖縄のご出身です。

それでよく、沖縄のことをお聞きします。


小学校卒業後、内地に出てきたフミコさんですが、

故郷への思いには一入のものがあります。

「沖縄の自分が遊んでいた所へ帰ると、道端の草までもが愛おしいのよ」

とよく仰っていました。


沖縄戦は、神戸に住んでいたので、ご自身は体験がなかったそうですが、

帰省したら、「山や川も全部無くなっていた。平になっていたんだよ。

『国破れて山河在り』というのに、山河もなくなっていたんだよ」

とのことでした。


二人に一人は亡くなったと聞いていた沖縄戦でしたが、

山河もなくなるほどの破壊が行われたということには、

驚きました。


今辺野古埋め立てがニュースで取りざたされていますが、もう、沖縄を

これ以上壊さないでほしいなと、フミコさんの話を聞きながら改めて思いました。


わたしはまだ一度も沖縄の地を踏んでいませんが、広島同様、

一見は百聞に如かず、戦争の爪痕を見る責務があるように思いました。

そしてもっともっと沖縄のことに関心を持とうと思いました。

フミコさんは生き証人です。

長生きして、もっともっと教えてくださいね!

(我が家のゴーヤ。フミコさんはゴーヤより、ヘチマがお好きですが・・)

お問い合わせ