ブログ

「自分らしく生きたい!」と仰って・・

2019.03.22

Nさんが遠路南足柄から、20年ぶりにアロマを受けに

ご来店くださいました。


「自分らしく生きたい!自分の原点に戻りたいと思った時、

中山さんに遭いたいと思いました。」と仰ってのご来店でした。

有難く思うと同時に、この仕事をしてきて良かったと思う瞬間です。


「いつも頑張っていなければならない。でも、頑張れない自分

がいて、その自分を責めてしまう。そして、責めている自分をまた

責めてしまうという負のスパイラルになっています。」

とのことでした。その辺が辛かったのでしょうね。

全身の施術をすると、あちこちにマイナスの感情が溜まっていました。

特に腰の辺りには頑固なコリがありました。感情は痛みとして固着します。


お体の状態をお聞きしている時、便秘症で、1,2週間も出ないことが

あるとのことでした。

「水分や食物繊維の摂取も大事ですが、心の持ちようも影響するんですよ。

頑固ですか」とお尋ねすると、

「はい。なかなか手放せません!」

「心地よくない思いや感情が沸いたら、その感情なりを握っていますから、

手を開いて離し、はぁ~と呼吸も吐くと良いですよ。気が楽になるまで」

と、簡単に手放す方法をお伝えしました。


Nさんのテーマが「自分らしく生きたいのに生きられないと仰っていたので

「自分らしく生きられないのは何故ですか」とお尋ねすると

「人に良く思われないといけないと思うからでしょうか・・」と

仰いました。


「人によく思われたい」という感情も、エゴの自分を必要以上に守ろうとする

思いですから、それも手放せば良いですよね。

私達は本当の自分自身に守られていますから、自分にとっての真実を生きる

だけで良いのではないでしょうか?


Nさんとは当時ご一緒に来ていただいていたお友達の近況などを伺って

時間はあっというまに経ちました。

孔子の「朋有り。遠方より来る。また楽しからずや」

その通りだなとしみじみ思いました。

また、Nさんと語り合える日が来ることを楽しみにしています!

「南足柄から見た富士山」

お問い合わせ