ブログ

「万福さんのラーメン食べました!!」

2019.02.19

今、日清食品の「チキンラーメン」が朝ドラの影響で売れていると

聞いて、「じゃ、いつか食べてみよう」と思っていた。


昨夜、猫の餌が切れていて、慌てて、コンビニにかけつけると、

なんと、見覚えのある「チキンラーメン」がレジ前の目立つところに置かれていた。


娘もいなかったので、「今夜たべようか」と思って買ってみた。

封を開けると、あのドラマで取り上げられているように、麺が縮れ、露がしみ込んで茶色の麺が出てきた。

レタスを入れようと思ったので、沸騰した鍋に麺とレタスを入れて1分煮たてた。


そして、ドラマでの苦労話を思いながら、頂いた。

やはり、懐かしい味で美味しかった。


今日のテレビ放映ではあのラーメンが栄養満点のお墨付きを頂いたということだったが、

日清食品のチキンラーメンはどうだったんだろう?

あのラーメンが生まれた志はとても高かった。

「安全であること。栄養があること。安いこと。簡単であること」だった。

それは食に求められる大前提で、それを追求した主人公の志は高かったと思う。


最近、とことん安全性を追求している「生活クラブ」という組合員が協力してなっている

個配達システムを利用しはじめた。


安全であることは美味しさなんだなと、どの食材を食べても感動している日々だ。

TV「カンブリア宮殿」でも取りあげられたが、一昨日食べたマヨネーズの美味しさには舌を巻いた。

野菜は大船の野菜よりは多少高いけれど、生活クラブでまとめ買いするようになって

冷蔵庫はすっきりし、無駄買いが少なくなった。

多少高い分は却って、前より買わなくなり、金額的にはプラマイゼロかもしれない。


そして、何より、安全性重視だ。

今の日清食品さんも、万平さんの志を活かして、それにこだわってくれていることを願う。

今死亡率のトップは大腸がんだ。

もう、20年くらい前のNHKの番組で、ある村にスーパーができてから、癌になる人が増えたと報道したことがあった。

スーパーは良心的に売っていたことだろうが、そこに含まれている農薬や添加物のなせる業だろう。

食への安全性の取り組みは人間の根幹に関わる。

農薬や添加物がなくなれば、こんなに癌にかかることもなくなるはずだ。

「まんぷく」はさらりと、ドラマの中で、その難しいテーマを扱っていて

主人公の波乱万丈の人生、人間としての生き方と合わせて、素晴らしいドラマだと思う。

もう1カ月ちょっとのtv放映を楽しみたい!!

お問い合わせ