ブログ

身体は思いに反応します!

2018.11.01

身体は正直です。感情に反応します。

3週間ぶりに93歳のFさんがおいで下さいました。

感情解放アロマを希望してくれます。

歩くことが難しくなりつつありました。

家でもあまり、歩いてはいらっしゃらないご様子です。

それが、頓にその日は良くない状態です。


早速、拝見しますと、半端でないほどの感情がほとばしり出ました。

ご本人曰く、「原因はわかっているわ」

余り、しっくりいっていないお嫁さんが、朝晩血圧を計ってくれるけど、それが

痛くてたまらないのだそうです。

その度に「痛い」と言っても、緩めてくれず、「血圧が高いから、痛くても仕方ありません」

と言う返事が返ってきて、心の中では怒りが沸いてしまっているようです。


自分にとって良くない状態や状況が起こった時、わたしたちはついその悪い状態のことを考え

それにフォーカスしてしまうので、その結果、その良くない状態が再生産され、自分の中で蓄積され、

身体の痛みという状態として現れます。

そして、その状態は保持され、その痛みの循環の中に閉じ込められてしまいます。

ですから、それが長引けば痛みも長引くのです。


本当はどうなりたいのでしょうか?

お互いに許しあい、助け合い、愛し合いたいのではないでしょうか?

今、起こっている現象には意識を向けず、自分が望む姿にこそフォーカスすれば、

その状態が出現してくるはずなのです。


ちょっと、気に触る人がいた時とかは、その人の良い所を毎日、30日間書いてみると良いと「ザ・シークレット」には

ありました。そして、その長所に「ありがとう」の感謝を添えて。

感謝は愛です。まず、自分がそれを始めると、自分自身が癒され、相手の短所は消えていくことでしょう!

そして、これは、Fさんのみの課題ではなく、わたしの課題でもあります。

何か気になる時は、これを実践したいと思っています。

ゴロンする、花ちゃん。平和だな~!

 

 

お問い合わせ