ブログ

ジブ君一緒に広報誌配りに!

2018.08.01

今の古民家に引っ越して早、1年半が経とうとしています。

ジブ君もすっかり、慣れて、ご近所に用事に行くときなんかはいつの間にかついてきています。

そしてわたしが「帰るよ!」というとちょっと遅れてついてきます。

裏のおじさんがそれを見て、「ちゃんと言う事聞くんだね」と関心してくれました。


今年は住居区の組長という役を仰せつかりました。

先日は広報誌をご近所に配布しようと出かけると、いつの間にかジブ君がついてきています。

一軒一軒、ポストにいれていると、それを見届けては、またついてきます。

とうとう全部一緒に配り終えました。

「一緒に来てくれて心強かったよ!ジブ君!」

帰ってから、褒めてあげました。

でも、ジブにとってはいつものテリトリー、お手のものだったのかもしれません。


夏バテもせず、捕獲本能を満足させられる夏を存分に楽しんでいます。

お問い合わせ