ブログ

過去生は細川ガラシャだった・・

2018.02.01

Hさんは時々、アロマ全身コースを受けてくださいます。

ご自分の体調不良の時はよくわかっておられて、

体のケアには余念がない方です。

 

この前、Hさんの施術をしていたら、(感情解放アロマ)いつになく素敵な音楽が流れたり、

どこの国かわからない言語らしいのが出て来たりしました。

「昨日、足がつったの。何かふわふわ浮いているようで、変な感じだったわ。

その少し前は階段を踏み外して、お尻を打っちゃったし・・」

 

確かに、腿や、膝辺りに何か違和感を感じて、触っていると「もう、嫌だな!」

という感情の発露と共に、異言語らしい言葉なども頻繁に出て、

それが出なくなると痛みも消えていました。

 

アロマ施術後、「どこかの国らしい言葉が出ましたね」と言うと

「最近、夢で、細川ガラシャだった時と、ヘンデルだった時の夢を見て、

夢が覚めても、泣いていたの。」

ダウジングで「細川ガラシャだったか」と尋ねると、『YES』と振れるの。

それと関係があるかもしれないわね。」とびっくりするようなお話しでした。

 

夢で、過去生らしいことが出てくることはあります。

過去生リーディング時に、レイプをしていた過去生が出て来た人がいましたが、

その方に「思い当たりますか?」と尋ねると

「その夢を何度か見ました」と言われたことがあります。

私自身も子供との関係を現すような

江戸時代の気っぷの良い水商売をしていたおあねーさん風の人だった夢を見たことがあります。

3シーンほどあったその情景は今も鮮明に覚えています。

 

改めてHさんを見ると、教科書の絵で見た「細川ガラシャ」に似ているのです。

細身で、額が広く、目が涼しそうな美人さんです。

若い頃、「40才になったら、洗礼を受ける!」と教会へ行っていたわけではないのに

そう、ご主人に宣言されていたそうです。

 

音楽はやっていたんですか?と尋ねると、「ピアノを中学までやっていました。でも、どうしても

絵がやりたくなって、そこで断念したけど、大人になってからジャズピアノをやっていました。」

なるほど、ヘンデルでもある要素もあった感じです。

夢の中ではヘンデルだった過去の自分が悩んでいて、

今の自分が「今を大切に生きるのよ」とアドバイスしていたようです。

 

今のHさんはエニアグラムを教えたりしていらっしゃいます。

また、新たな過去生も出てくるかもしれません。

また、お会いできるのが楽しみです!

家の近くの高台から見た夕陽。去年の春に引っ越した所が

偶然、Hさんと同じ町内でした。

 

お問い合わせ