ブログ

その後の玄米ダイエット

2016.07.04

20148912542.jpg

通勤途上の百日紅です。夏の花ですね。

「今日もがんばろうっと」という気持ちにしてくれる元気な色です。

 

ところで昨日8日で10日間の7号食、玄米ダイエットがおわりました。

今日は朝、じゃがいも、大根、わかめ、にえのき、そしておあげを半分くらい入れた味噌汁を作り、玄米と一緒に食べました。

何とも言えぬ、バライティに富んだ味がしました。6号食だけで全然行ける気がしています。

 

 このダイエットを体験して感じたのはいかにわたしたちは食べ過ぎていることかということでした。

スーパーに立ち寄れば、様々な惣菜や食品が所せましと並べられています。食べものの誘惑に満ち満ちています。

でもほんとうはそんなにたくさん色々食べなくて良いんだなということが10日間の玄米食で実感できました。

 

 体の変化はありましたね。好転反応が起こりました。右の腎臓が弱いせいでか、むくみが3日かんほど、

目が腫れるほどありました。3日目にYOSAに背中の腎臓部分を1時間も温めたら、翌日からむくみが取れました。

自分の体の弱点を知り、きちんとケアすることの大切さを痛感しました。

体がだるかったり、口内炎も出たりしました。口の周りに出るのは、胃関係らしいのです。軟便にもなりました。腸もよく

なかったのかな。

 

わたしの目的はダイエットではなかったけれど、体脂肪は4パーセントほど落ちました。内臓脂肪は1パーセント減でした。

体重はむくみのあるときにはかったので、正確ではありませんが2キロ弱は落ちたのかなと思っています。

肌にはやはりよいようでした。肌全体がすべすべしています。

 

今回の7号食玄米ダイエットは今の自分の健康状態を知るよいチャンスでした。

何か他のものが食べたいというのは最初の頃のおいなりさんだけでした。

今度は一日断食くらいをはじめてみたいなという自然な気持ちがわいてきました。

 

お問い合わせ