ブログ

感情との付き合い方

2016.07.04

20131126162324.jpg 

三年前に起しいただいていたYさんが久しぶりにおいでくださいました。三浦の美味しいみかんと共に。

「最近ちょっとプチ欝かな」と思ってとおっしゃって、全身のマッサージを受けてくださいました。

3年前はお勤めをされていましたが、今はフリーで、

毎日太平洋に浮かぶ船を見られるような眺望の良いマンションにのんびりと暮らしていらっしゃいます。

 

 羨ましい境遇だなと思いますが、アロマをすると、「虚しい!」という感情が出てきました。

 Yさん「こういう感情の処理はどうすれば良いのでしょう?」と言う話になり、

私の対処の仕方をお話しました。

 

 わたしの場合はその感情の出処、原因を考えます。

でもその感情の出処や原因、がわからない場合もあります。

そんな時は何に対して、なんとなくすっきりしないのか、何に嫌気を感じているのかを、

悩みの対象をクリアにすることが大事だと思います。

 

それがわかれば、80%解決策もわかったようなものです。

わたしたちはそのあるがままの自分を見ることを恐れているような気がします。

 

そしてその感情を見ているのは誰かです。それが本当の自分です。

見られている感情を持った自分は、本当の自分の属性に過ぎません

本当の自分への信頼を持った時、恐れは消えていくのではないでしょうか。

 

 先日横浜の山下公園の近くを歩いていたら、公園の前の銀杏並木が今年も黄金色に輝いてました。

この並木は毎年その美しさを見せてくれます。でもこの並木の輝きも一瞬です。

悠久なる自然から見れば、人生も肉体も一瞬に近いものと言えるでしょう。

だからこそ、一瞬の感情とも真摯に向き合って、

毎日をスッキリと生きて行きたいと思います。

 

お問い合わせ